白髪とは

白髪とは色素細胞の能力が低下することによって、毛髪の色が無くなり白く見える状態の事をいいます。 髪の毛の色は人によって異なりますが、これは髪に含まれるメラミン色素によります。 メラニン色素を作っているのは、髪の根元の毛乳頭にあるメラノサイトと呼ばれる色素細胞ですが、このメラノサイトの活動が何らかの原因によって低下すると、メラニン色素が生成されず白髪になってしまいます。

色素細胞メラノサイトの活動が低下する主な原因は、加齢であると言われていますが、その他にも遺伝や病気による体力低下、睡眠不足やストレスなどの生活習慣などにも影響を受けます。 加齢による白髪は、個人差がありますが35歳頃から現れることが多いようです。

そのため、白髪は老いの象徴であるようにとらえられることも多く、黒髪の中に白髪が混じると目立ち、見た目が老けて見えるため、 白髪を予防したり、白髪染めなどでケアしたりして、見た目の若さを保ちたいと思う人が多いようです。

ページ上部に戻る