ヘアマニュキアタイプの特徴

ヘアマニュキュアは、イオンの結合力を利用して髪の表面に染料を吸着させて染めるタイプの白髪染めです。 髪の内部から染めるヘアカラーと違い、染料が髪の内部まで浸透しないので、髪に与える刺激が少ないのが特徴です。 髪や頭皮を傷めないほか、コーティングの作用で髪に艶を与えることができるため、髪のダメージが気になる人や、敏感肌の人におすすめです。

ところが、ヘアマニュキュアには、効果が持続しにくく、染まり方が浅いというデメリットがあります。 白髪の表面に吸着した染料はシャンプーの度に少しずつ落ちていってしまうので、効果は1ヶ月程度だと言われています。 また、ヘアカラーほど鮮やかな発色は期待できず、髪質によっては一度の染色では綺麗に染まらない事もあります。 染めた直後に色移りしてしまうこともあるので、染めた後はタオルや枕カバーが汚れないように注意して行いましょう。 このようなデメリットはありますが、髪や地肌に優しい白髪染めなので、髪や地肌をいたわりたい人にはお勧めです。

ページ上部に戻る