白髪染めを使う頻度は?

白髪染めの色持ちは、染料方式によって異なります。 ヘアカラーのように髪の内部から染めるタイプは2〜3ヶ月は色が持ち、ヘアマニュキュアのように髪の表面にだけ染色するタイプは1ヶ月ほどしか持ちません。

また、人間の毛髪には個人差がありますが、1ヶ月で約1センチ伸びると言われています。 そのため、綺麗に白髪染めで白髪を染めても、色落ちしなくてもしばらくすると根元の白さが気になってくるため、繰り返しケアする必要があります。

白髪染めの種類によって、色持ちも異なるので使用頻度は変わってきますが、見た目の問題だけでなく、毛髪や頭皮に与えるダメージなども考慮して使用する必要があります。 例えば、トリートメントタイプやシャンプータイプなどのように、刺激が少なく毎日使えるものもあれば、ヘアカラータイプのように1ヶ月以上の間を開けて使用することが望ましいものもあります。

根元が気になるようになってきたら、根元のみを染めるリタッチという方法を利用して、髪全体に白髪染めを使う頻度を減らすようにすると、髪や頭皮をダメージから守ることができます。

ページ上部に戻る